婚活に疲れた時に知っておきたい3つの対処法

 

婚活って、疲れますよね。

結婚相談所のHPを見てみると、

「成婚まで5か月でした」「最初に紹介してもらった彼と結婚決まりました!」

とか書いてありますが、そうそう上手くいかずに何年もたってしまい、婚活に疲れてしまう人は多いです。

この記事では、婚活に疲れた時の対処法をまとめています。

 

一言で婚活と言っても、やることは沢山!

婚活というのは結婚適齢期以降に始める人がほとんどです。

それまでに取り組むことがないので、みなさんにとっては新しい活動の1つです。

結婚相談所や婚活アプリ・婚活パーティ・街コン等、様々な婚活サービスが広がっている一方、全部を試してみようとすると、やることは沢山!

毎日こなすとなると、真面目な人はとんでもないスケジュールになってしまいますね。

普段の生活をするだけでも、1日中仕事をして、家では家事をしたり休憩したり、合間に友達と遊んだり出かけたり、趣味の習い事へ行ったり、将来のための勉強に時間を費やしたり、やることは沢山あります。

そこに加えて、婚活!

現代人はどこまで忙しくなってしまうのか…と考えただけで頭がフラフラしてきます。

 

私も婚活では何年も苦労し、疲れて自暴自棄に陥ったこともあります。

でも今ではつらい婚活時期をどうにか乗り越えて結婚し、1児のママになりました。

現在は婚活サイトを運営しながら、周りの友人や紹介を受けた独身の方々に婚活コンサルタントとしてのアドバイスを4年程行っています。 

婚活に疲れた時はどうしたらいいのか!?覚えておきたい大事な対処法をみなさんにお伝えします!

 

この記事の目次
  1. 多くの人が婚活に疲れてしまうその理由とは?!
  2. 婚活を疲れず継続する方法

 

1. 多くの人が婚活に疲れてしまうその理由とは?!

やることが多い!

婚活はやってみないとその大変さがわかりません。

傍から見ると楽しそうなパーティやイベントも、本気で婚活に取り組んでいる方からするととんでもなくやることが多く、精神的にも体力的にも大変なのです。

  • 結婚相談所に登録して毎月専任アドバイザーとの打ち合わせ
  • 婚活用の写真撮影
  • 会話やコミュニケーション・身だしなみの講座を受ける
  • 婚活パーティ・イベントに参加
  • 知らない人と会話
  • データマッチングで相性チェック
  • 紹介された人とお見合い
  • メッセージでのやり取り
  • 婚活アプリで条件に合う人探し
  • いい人が見つかったらメッセージや「イイね」を送る
  • デートをする
  • 服装・会話内容を事前に考える

取り上げたのはまだ一部にすぎません。

最近ではサービスが豊富なのでやろうと思えば色んなことを試せますし、条件に合いそうな人が複数いれば、その分彼らとのやり取りも2倍・3倍になります。

 

気疲れ・緊張

パーティ・イベント・お見合い・デート等で実際に相手の方と会うとなると、初対面で何を話したらいいか、自分はどう見られているか、そわそわして緊張しますよね。

また、会話をしている中で相手に話を合わせたり、頑張って会話を広げようとしたり、興味がない話も集中して聞いたり、愛想笑いをしたりと、とにかく気を遣います。

行きは気を張って「今日こそ運命の相手に会えるかも!」と意気込んで会場に向かっていたものの、帰りの電車では疲労困憊。。

いい人に出会えなかった日には「私は今日何しに行ったんだ?」と、ただただ疲れだけが残ってしまいます。

 

相手からの連絡が途絶える・返信が来ない

せっかく出会ったいい相手から、メッセージの返信が来なかったり、急に連絡が途絶えたりするのは意外とよく聞く話です。

婚活とは条件に合いそうな複数の方と連絡を取り合ったりデートを重ねたりしますよね。

もしかしたら別の人と上手くいってしまい、あなたへの興味が薄れてしまったという可能性もあります。

もしくは、会ってたときは盛り上がって会話を楽しんでいたが、家に帰ってみたら連絡をするほど興味が湧いてなかったということも考えられます。

ということを頭で理解していても、人との付き合いですのでいちいち凹んだり、精神的なショックで疲れてしまいますよね。

 

進展しない

  • メッセージを送り合う仲になったのに会う約束までいかない
  • デートを繰り返しているのに結婚の話に進まない

もどかしいですね。

「なんで?どうして?」「早く結婚したいのに」ヤモヤ考えて疲れてしまいます。

やり取りが進んでいるのに仲が進展しないのは、相手がまだ色々悩んでいる最中なのかもしれません。

もしくは、サクラで婚活アプリに参加している人の可能性もあります。

きちんと見極めが必要ですね。

 

条件に合う人がいない

結婚相談所で自分の性格に合う人を紹介してもらったり、データマッチングで相性の合う人をおしえてもらったり、婚活アプリで散々条件を色々変えてみて検索しまくってみたけど、なんだかピンとくる人がいない。

「私の王子さまはどこ?」「もう条件に合う人はみんな結婚してしまったの?」探しても探してもこんな日が続いてしまうと嫌になってしまいますね。

相手に求める条件は高すぎると、もちろんヒットする相手も少ないです。

 

2. 婚活を疲れず継続する方法!

適度なスケジュールで割り切って行動!

普段忙しい方が更に婚活で過密スケジュールを組んでは体がもちません。

婚活が大事とはいえ、急いで予定を詰め込んでも続かず、いい結果にはつながらないのでスケジュールはほどほどに組みましょう。

例えば、

  • パーティやイベントは月に1回程度
  • 婚活アプリで条件検索は2週間に1回程度
  • 会話・身だしなみ等の講座は、苦手な分野だけ予定が空いてて余裕があるときに参加

余裕を持ったスケジュールを組み、相手とのやりとりが始まってたとえ返信が遅かったり連絡が途絶えても、「さ、次にいこう!」くらいの割り切った感じで行きましょう。

 

気を遣いすぎず、ありのままの自分で挑む!

自分に自信が無かったり、早く結婚したいばかりに、相手に気を遣いすぎるのはよくありません。

自分が疲れてしまうだけでなく、相手の方にも失礼になります。

疲れや緊張は表情に表れやすいので、表情が硬くなってしまいます。

自信をもって、ありのままのあなたでお見合いにもデートにも臨みましょう!

 

婚活に疲れたら休む・リフレッシュする

それでも婚活に疲れてしまったら、いったんお休みしましょう。

大丈夫です。

いったん休んで、また元気になったら再開すればいいのです。

自分を追い込みすぎると、きちんとした判断ができなかったり、本来のあなたが発揮できなかったり、いい結果は得られません。

リフレッシュして旅行を楽しんだり、趣味の時間を増やしたり、婚活を忘れて友達と遊んだり、そうして楽しく前向きな気分を取り戻したほうが、イキイキして婚活もきっと上手くいきます!

婚活を諦めるとは違いますので、割り切って少し休憩して体勢を整えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です